カテゴリ:5年生

自然の家 退家式・解散式

 退家式、解散式を行い、2泊3日の新宮少年自然の家の活動を無事に終えることができました。

 出発式で校長先生が話された①語ろう ②発見 ③挑戦の三つの意味とその大切さを、子どもたちは自然の中での体験を通して、実感を伴いながら、学ぶことができました。

 一人では決して登り切ることのできなかった塩塚山登山や、友達と役割を分担して一人一人が責任を担いながら行った飯盒炊さん、班で練習をして準備をしてきたキャンプファイヤー…。この三日間のすべての出来事や活動の中で自分自身と向き合って語り、友達と語り合い、自分自身や友達について発見し、自然の偉大さや大切さを発見しました。そして、今までよりほんのすこしや思いっきり頑張った挑戦がありました。

 また、「5分前行動の5分前行動」「自分の仕事や役割を責任をもってやる」「きまりやマナーを守る」。これは、自分のためでもあるけれど、人のためでもあること。自分を大切にし、友達を大切にすることを「気付き、考え、行動した」三日間。誰も体調を崩すことなく53人全員が元気に帰ってくることができました。 

 

 これもご家族の皆さんや自然の家の皆さん、二晩とも応援に来ていただいたたくさん先生方、みなさんの愛情とやさしさに支えられたおかげです。本当にありがとうございました。

 そして、5年生のみんな、本当によくがんばりました。とても立派でした。