第2学期終業式

 今日は、2学期の終業式でした。
 朝いちばんの体育館は、大変肌寒く感じられましたが、儀式に臨む子どもたちの気持ちが凛とした雰囲気をつくっていました。
 1年生、3年生、5年生の代表児童が2学期に頑張ったことと冬休みに取り組みたいことを発表しました。


 計算や漢字、運動会やマラソン大会など、一人一人が自分は「これを頑張った」と言えることや その実感がもてることが大切なことです。それが、次へのバネにつながるのだと思います。中には、冬休みに学習や運動だけではなく、早寝早起きをしたいと「自分で生活をつくる」意識をもっている子もいました。

 校長先生からは、2学期のできごとを振り返ったスライドを見せていただき、目標を立てて一人一人が頑張って成長したことや「ワンチーム」として、学級や学校みんなで頑張ったことを話していただきました。


 また、始業式で校長先生が話されていた「小さな湯沸かしは、すぐ熱くなる」の言葉を思い出して、これからも「広く大きな心をもって生活していこう。」「小さなめあてと大きなめあてをもってコツコツと頑張っていこう。」と教えていただきました。
 3学期も金生第一小学校が「ワンチーム」として、みんなで頑張りましょう!

生徒指導主事の有平先生からは、冬休みのくらしについて、
1 ルールを守ること
2 交通安全に気を付けること
3 インターネットやゲームを正しく使うこと
の三つの話をしていただきました。
中でも、「知らない人に会いに行ってはいけない。」ことについて詳しく話していただきました。