秋から冬へ

  11月最後の登校日の朝は、気温が3℃ととても寒い1日でした。校庭のたくさんの木々も赤や黄色に色づき、とてもきれいです。 お昼前には、暖かい日差しを受け、4年生の子どもたちが、秋から冬へと変わっていく校庭の様子を観察していました。

  みんなで仲よく紅葉した木々を観察している子どもたちの姿を見ていると、なんだかほっとする温かい気持ちになりました。

  これから、ますます寒くなっていきます。寒さに「負けない」という感じではなく、冬のよさを感じて冬を楽しみ、季節の移り変わりを味わいながら、みんなで元気に過ごしていきたいと思います。

 来週は、マラソン大会があります。地域の皆様には、ご不便やご迷惑をお掛けしますが、子どもたちに温かいご声援をいただきますよう、よろしくお願いします。