2019年7月の記事一覧

夏休みのほんわかくらぶ

 夏休みの「ほんわかくらぶ」がありました。今日は1日目です。「ほんわかくらぶ」に来た子どもたちは、好きな本を読んだり、プラバンを作ったり、どんぐりを使った工作をしたりしていました。

 どんぐりを使った工作では、まずマスキングテープなどでかまぼこ板の飾り付けを行います。次に、どんぐりにかわいい顔を描きます。その後、どんぐりやその他の飾りを全体のバランスを考えながら配置して完成です!写真の作品は、今日来た子どもたちが作った作品です!すごい✨とても上手に作っています(*^-^*)

 来週も9:00~12:00の時間に「ほんわかくらぶ」があります。みなさんも、ぜひ、夏休みのほんわかくらぶ」に来てみてください!

水泳教室がありました

 今日は水泳教室がありました。
 泳力ごとに分かれて、それぞれのコースで担当の先生から、気を付けることやコツを教えてもらいました。
 水そのものが苦手な子、バタ足がうまくいかない子など、それぞれに課題がありますが、多くの子は「息継ぎさえできれば!」ということが課題になっているようです。
 子どもたちは、大変熱心に先生たちの指導を聞き、頑張って練習していました。

 今日一日でみんなずいぶん上達しました。また、明日が楽しみです 笑う

 

朝 夏休みプール開放

 今日から、子どもたちが楽しみにしていたプール開放が始まりました

 初日の今日の参加者は、なんと…165人!!たくさんの子どもたちの楽しそうな声がプールに響きました。

 当番の保護者のみなさま、暑い中のプール監視、ありがとうございましたにっこり

 

水泳記録会健闘しました!!

 今日、南小学校で四国中央市川之江地域小学校水泳記録会が行われました。

 子どもたちは、6月から2ヶ月間一生懸命練習に取り組んできました。今日は、その成果がしっかりと表れた大会になったと思います。

 市や県の標準記録を突破した子新記録を樹立した子女子200mリレーでは1位を取るなど、一人一人全員が活躍することができました。

 応援する姿も素晴らしく、泳いでいた子にもその応援が伝わったのではないかと思います。

 みんな、よく頑張った分、疲れていると思います。今日はゆっくり休んでこれから楽しい夏休みを過ごしてくださいね。

 

笑う 終業式と水泳壮行会がありました

 今日は、いつもより1日早い7月19日の終業式です。
 児童代表の3名は、1学期に計算練習や水泳を頑張ったこと、夏休みには苦手なことや好きなことを一生懸命に頑張りたいなど、1学期の頑張りと夏休みの抱負について発表しました。

 校長先生のお話では、始業式で子どもたちに話した「めあてを決めて挑戦し、一日一日を大切にして頑張ること」について振り返りました。
 一つ目の「ありがとうという感謝の気持ちをもつこと」については、校内でもたくさんの「ありがとう」という言葉が聞かれるようになりました。
 二つ目の「命を大切にすること」は、みんな頑張ったけれど、まだまだ危険な自転車の乗り方や遊び方をしていること、友達がつらくなるような言葉を言ってしまうことについて考えました。
 また、「水」「流」の漢字を示し、子どもたちに水の楽しさとともに水の怖さを知り、水の事故に気を付けることについて話していただきました。

 続いて、6月から産休の芝先生の代員として指導していただいた真鍋真紀子先生からお別れの挨拶がありました。金生第一小学校の子どもたちの「立腰」の姿勢、授業の準備がしっかりできていること、全校の模範となる6年生のすばらしさについて話していただきました。短い期間でしたが、いつも学校のためや子どもたちのために、明るく元気に、そして、さわやかに「さっと動かれる」エネルギッシュな姿は、子どもたちだけでなく教職員も憧れる先生でした。

 そして、城山公園桜まつり写生大会の表彰式がありました。

 その後は、生徒指導の眞鍋先生から、夏休みの過ごし方について指導がありました。
 1 自分で事故や事件を防ぐことと、巻き込まれないようにすること
 2 きまりやルールを守ること
 そして、有平先生のお話にあった
「悪い心をもっている人には、悪い人が寄ってくる。」
「よい心をもっている人には、明るい笑顔が寄ってくる。」
 このことは、いつも子どもたちの心に残り、後から「先生、あれホントなん。ぼく、頑張らんといかん…。」とかわいい顔で話してくれる子もいました。

 さらに、その後は、7月23日の水泳記録会に出場する選手の壮行会をしました。
毎日練習を続け、鍛えられた子どもたちの姿には、自信とたくましさが感じられました。
 この夏、友達と励まし合って取り組んだ練習に自信をもって「自己ベスト更新」を目指して、頑張ってください。