R2金一小日記

金一小シトラスリボン運動

 人権スマイル委員会を中心に「金一小シトラスリボン運動」を進めています。
 委員会の児童は、6月24日の委員会の時間をスタートに、昼休みに集まってリボンを作成し、もう3回目になります。最初は太めのリボンを使って水引のどの面が上にくるのかを確かめながら作ることで、子どもたちにもよく分かったようです。


 昨日は、校内研修会で職員みんなでシトラスリボンを作りました。あっという間に作る先生もいれば、「え!?あれ?」と戸惑いながら作っている先生もいました。でも、相談し合ってみんなで楽しく作ることができました。

 ちなみに私が最初に作ったシトラスリボンは、バランスが悪く、円の大きさがまちまちでした。でも、それも味わいがあった…と思っていますニヒヒ汗・焦る

 シトラスリボン運動の目的を理解し、シトラスリボンを作ったり、身に付けたりすることで「どんな気持ちを育て、どんな気持ちをもって生活するのか」を考え、シトラスリボンにこめられた思いや願いを大切にしながら、「金一小シトラスリボン運動」を広げていきたいと思います。
 後日、全校に水引きと作り方を持ち帰りますので、ご家庭で子どもさんたちと作って、シトラスリボンの輪を広げてください。シトラスリボンの大きな輪小さな輪が「みんなの和」になって、差別や偏見のない気持ちが育ち、広がることを金生第一小学校みんなで願っています笑う