H31金一小日記

Jアラート放送

 Jアラートは、 「全国瞬時警報システム」のことで、弾道ミサイル攻撃に関する情報や緊急地震速報、津波警報、気象警報などの緊急情報を、全国の都道府県、市町村等に送信し、防災行政無線を自動的に起動して、瞬時に住民に伝達するシステムのことです。

 今日は、10時に市内放送でJアラートの警報が鳴りました。


 子どもたちは、放送を聞き、さっと机の下の潜り込んでダンゴムシの姿勢をとっていました。
 今週は、避難訓練もあります。ご家族でも、「家族防災会議」を開いて、災害に対する備えや避難場所などについて話し合ってみてください。

笑う 3年生が公民館で学習しました。

 3年生が総合で「ふるさと金生町」という学習をしており、金生公民館の館長さんからお話を伺いました。

 昔の金生町について今までインタビューやインターネットを使って学習してきた子どもたちですが、館長さんからの「昔の給食では脱脂粉乳が出ていたんだよ。」「昔は卵やバナナはなかなか食べられなかった。」など様々なお話は思いもよらなかったようでした。金生第一小学校についても、昔は公民館のある場所に建っていたことや、一学年4~5学級あったことなど、多くの児童がここでしか聞いたことがないことを聞いてメモにまとめてくることができました。

 公民館の館長さんはじめ職員の方々、ありがとうございました。

晴れ 金生町歩け歩け大会がありました

    10月27日。さわやかな秋空の下、朝から「金生町歩け歩け大会」が行われました。
 公民館長さんが大会長を務められるこの会は、今年で37回目となる伝統のある公民館行事です。


 お忙しい中、ご来賓の方も来てくださり、ご挨拶をいただきました。


 今年のコースは、金生第一小学校を出発して、金生第二小学校で開会式をして、森と湖畔の公園で昼食をする片道約4キロの道のりでした。
 好天に恵まれ、さわやかな秋風を感じながら、みんなでわいわい言って歩いていると大変気持ちがよく、あっという間に公園に着きました。


 公園では、手作りのおにぎり弁当とアイスクリンをいただき、湖の畔でのんびりしながら美味しくいただきました。
 そのあとは、ビンゴや〇✖クイズをしていただき、とても楽しく過ごしました。 

 今回、お弁当やゲーム、景品などたくさんのお世話をしてくださった公民館をはじめ、体育文化後援会や社会福祉協議会、婦人会、ともしび会、愛護班・青年団、PTA役員の皆様。道中、参加者の安全を見守ってくださった交通安全協会の皆様、ありがとうございました。皆様のおかげで、楽しい秋の休日を過ごすことができました。

 ありがとうございました笑う

 

なかよし参観日

 今日は、なかよし参観日(人権・同和教育参観日)がありました。
 雨天のため運動場を駐車場として開放することができず、保護者の皆様には、徒歩で来ていただくことになりました。大変ご不便をお掛けしましたが、ご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。

1年「こころはっぱ」

2年「ともだちやもんな ぼくら」

3年「橋」

4年「ドッジボール」

5年「転校生がやってきた」

6年「ばかじゃん」

人権劇「なかま集会」

 参観授業後の「なかま集会」では、今よりももっとみんなの仲がよい学校にするために、どうするとよいか、5年生の劇を通して考えました。
 今、全校で取り組んでいる「呼び捨て」をしないことでみんなが優しい気持ちになることや、呼び捨てをせずに「くん」や「さん」を付けるとその後に続く言葉も優しく丁寧になることを実感しました。
 また、身近に困っている友達がいたら、そのことに「気付くこと」「このままではいけないと思うこと」そして、「見過ごさずに何か行動を起こすこと」の大切さを考えることができました。

 今日の人権・同和教育参観日には、人権対策協議会や隣保館の皆様をはじめ、学校評議員様、子どもたちが卒園した保育園や幼稚園、近くの小学校や中学校の先生方も参観に来てくださいました。子どもたちの成長をたくさんの方に見守っていただき、支えていただいていることを大変ありがたく思いました。

 ご家庭でも参観授業やなかま集会のことを話題に、仲間づくりや自他の人権を大切にすることなどについて話し合ってくださいにっこり 

全校朝会 「おかげさま」の気持ちで

今日の朝会は、校長先生のお話がありました。

「おかげ」という言葉についてみんなで考えました。


 友達の「おかげ」、家族の「おかげ」、ならいごとの「おかげ」…など「おかげ」という言葉とくっつけて考えると、その後に「感謝の気持ち」につながる言葉が出てきます。
 でも、「おかげ」を「せいで」に変えると…
友達の「せいで」、家族の「せいで」、ならいごとの「せいで」…と「せいで」をくっつけて考えると、なんだか嫌な言葉しか思いつかなくなります。
 少し似ている言葉のように思っていた子たちも「まったく違う言葉」で「まったく違う気持ち」になることに気が付きました。
 明るく前向きな気持ちになる「おかげで」の気持ちをもって、みんなで「ありがとう」の気持ちや言葉が広がる金生第一小学校にしましょう。