H31金一小日記

興奮・ヤッター! 学習園の木を剪定していただきました

 今日、学習園の木を剪定していると、「高いところは危ないよ。」と校内の工事をしてくださっている方が、剪定をしてくださいました。
 すると、ぽんぽんと高い所まで登って、たくさんの枝をあっという間に剪定をしてくださいました。さすがプロ!興奮・ヤッター!


 秋の終わりにご近所に葉を落として迷惑を掛けていたことが、気になっていたのですが、ずいぶんとスッキリしました。お忙しい中にも関わらず、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました

にっこり 冬の植物を調べよう

 毎日、寒い日が続いていますが、今週4年生は理科で「冬の植物」の様子について調べました。


 春の訪れを待つサクラの冬芽や、地面に張り付くようにして冬を越すタンポポ、寒い冬に花を咲かせる蝋梅(ろうばい)など、冬にも葉を落とさずに真っ赤な実をつけるクロガネモチなど、子どもたちは様子をよく見て、丁寧に観察していました。

 4年生が、観察に出た運動場では、1年生が元気よく長縄跳びに挑戦していました。
    金一小の子どもたちと先生も冬の寒さに負けずに、頑張っています。

「算数科授業研究」教育事務所要請訪問

 

 今日は、東予教育事務所指導主事の福田博紀先生にご指導いただき、6年生で算数科の授業研究をしました。


 1月に学校に入ったばかりのタブレットを早速使った授業実践に取り組みました。
 来年度から完全実施される新しい学習指導要領において授業改善の視点とされている「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて、ICTを効果的に活用したり、ホワイトボードを使ってペア、小グループでの話し合いをしたりしながら、みんなが真剣に課題解決に取り組む見ごたえのある提案授業でした。
 子どもたちの座っているときの立腰の姿勢や発表する声の大きさや態度、進んで話し合おうとする意欲など、さすが金一小の6年生と思えるすばらしい態度でした。
 福田先生に教えていただいたことを基に、子どもたちが「学ぶ意欲をもち、学ぶ喜びや楽しさ」を味わえるよう、また明日から一層授業改善に取り組みたいと思います。

 ご指導、ありがとうございました。

えひめっこピカイチ大賞表彰式

 1月14日(火) 愛媛県庁第一別館で「令和元年度のえひめっこピカイチ大賞表彰式」が行われました。

 えひめっこピカイチ大賞は、愛媛県教育委員会などが主催し、日頃から学校生活や家庭生活で日々努力を続け、模範となって輝いた児童・生徒を称えるものです。

 愛媛県内から選ばれた17名が、生活部門や学習部門、読書部門、体育部門の代表受賞者として表彰されました。

 ありがたいことに、金生第一小学校からも6年生が、生活部門の代表受賞者の1人として表彰式に参加する機会をいただきました。



  立派な態度で表彰式に臨み、終了後には代表者の皆さんやお家の人と記念撮影をしました。

 おめでとうございました。

  金生第一小学校のみんなが、これからも努力を続け、一人一人がそれぞれの輝きを一層増すことを期待しています。
 

6年生のなかよし会がありました!

 1月11日に6年生のなかよし会がありました。水引を使って卒業式のとき胸に付けるコサージュづくりを行いました。作り方が難しく、はじめはみんな苦戦していましたが、講師の方に作り方を丁寧に教えてもらい、一人ひとり色鮮やかで個性豊かなコサージュを作り上げることができました。

 自分で作ったものを胸に付けるというのは、思いが詰まっていて嬉しいですね。卒業式が楽しみです。

 学級役員さんが計画、準備をしてくださったおかげで、みんなで楽しく有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。